ホーム > 社会・生活, 観光・イベント > ジョージタウンで喫煙罰則強化、最高で罰金1万リンギ

ジョージタウンで喫煙罰則強化、最高で罰金1万リンギ

2015年11月16日 06:03 JST配信

【ジョージタウン】ユネスコ世界文化遺産に指定されたペナン州ジョージタウン(面積259ヘクタール)での喫煙が来年1月1日から罰則の対象になる。

ジョージタウン内のビル、公共スペースでの喫煙は7月4日から禁止されており、州保健局のザイラン・アドナン氏は「6カ月は猶予期間として十分だ。1月1日から厳格に施行する」と発表した。

喫煙が見付かった者は最高1万リンギの罰金か最長2年の禁錮、またはその両方が科せられる。個人宅での喫煙は自由。

関連カテゴリ: 社会・生活, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。