ホーム > 社会・生活 > 高速道路料金所十カ所、1月から完全キャッシュレス化

高速道路料金所十カ所、1月から完全キャッシュレス化

2015年12月01日 12:10 JST配信

【プトラジャヤ】 10カ所の高速道路の料金所が、来年1月13日から完全キャッシュレス化される。

マレーシア高速道路公団(MHA)によると、対象となるのはマジュ高速道路(MEX)のサラ・セラタン料金所、プトラジャヤ料金所、セリ・ケンバンガン料金所。新パンタイ高速道路(NPE)のPJS2、PJS5、パンタイ・ダラムの各料金所。チェラス-カジャン高速道路(グランド・サガ)のバトゥ9及びバトゥ11料金所。クムニン・シャアラム高速道路(LKSA)のセリ・ムダ及びアラム・インピアン料金所。

料金を支払うには、高速道路運営のPLUSマレーシアが発行するポイント付きプリペイドカード「PLUSマイルズ」、プリペイドカード「タッチ&ゴー」、電子料金収受システム(ETC)端末「スマートTAG」いずれかを利用する必要がある。

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。