ホーム > 統計・調査 > 旅券の有効性調査、マレーシアは7位で横ばい

旅券の有効性調査、マレーシアは7位で横ばい

2015年12月08日 16:19 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 金融アドバイザー、アートン・キャピタルが実施した最新のパスポートの有効性に関する調査「パスポート・インデックス」で、マレーシアは前回調査と同じく「パスポート・パワー・ランク」が7位にランクされた。

ビザ無しで渡航できる国の数を比較したもので、国連加盟国193カ国にマカオなどの6地域を加えた199カ国・地域が対象。マレーシアは140カ国・地域にビザ無しで渡航可能。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、シンガポール(143カ国・地域、4位)に次いで高ランクだった。ASEAN諸国ではタイは63カ国で55位、フィリピンは61カ国で57位、インドネシアは57カ国・地域で60位だった。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。