ホーム > 日本関係, 統計・調査, 観光・イベント > マレーシア人訪日数、年初11カ月で21.4%増

マレーシア人訪日数、年初11カ月で21.4%増

2015年12月18日 16:41 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日本政府観光局(JNTO)が発表した年初11カ月の訪日者数統計によると、マレーシアからの訪日者数は前年同期比21.4%増の25万5,200人となった。11月単月では、前年同月比42.7%プラスの3万9,500人となった。

JNTOによると、マレーシアの訪日者数は、11月として過去最高を記録した。年初11カ月までの累計訪日者数は、2014年の年計(24万9,521人)を超えた。学校休暇が始まったことや旅行シーズンが到来したことが訪日者数を押し上げた。12月のツアー価格の高騰を前に、11月に旅行時期を前倒しする層も見られた。またエアアジアXの特別運賃プロモーション、「MATTAフェア」(9月4-6日開催)での好調な販売結果も追い風となった。12月は団体旅行・個人旅行とともに出発者が年間最多となる見込みで、引き続き好調な訪日需要が期待されるとした。

世界全体の年初11カ月の訪日者数は、前年同期比47.5%増の1,796万4,400人となった。11月単月では、同比41.0%増の164万7,600人となった。

関連カテゴリ: 日本関係, 統計・調査, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。