ホーム > 経済 > エイネットのテレビ会議システム、ホンリョンが採用

エイネットのテレビ会議システム、ホンリョンが採用

2015年12月20日 12:07 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】   テレビ会議システム開発のエイネット(本社・東京)は、ホンリョン・アシュアランス(HLA)が同社のテレビ開発システム「フレッシュ・ボイス」を全面採用したと発表した。

エイネットは11月、HLA本社の会議室へ、パン・チルト・ズーム(PTZ)カメラやマイクスピーカー、などを含めた会議システム及び、トレーニングルームから各支店のセミナー室用のビデオカメラによる、講義の中継、応答を行うための「フレッシュ・ボイス」システムを納入していた。

エイネットは、今後も順次マレーシア全土の支店網でのシステム構築を進めていく計画だ。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。