ホーム > 社会・生活, 三面・事件 > デング熱による死亡者、昨年は56%増の336人

デング熱による死亡者、昨年は56%増の336人

2016年01月07日 12:34 JST配信

【ペタリンジャヤ】保健省の発表によると、昨年デング熱で死亡した国民は336人で、前年より56.3%増加した。保健省が統計を取り始めて以来の最多。デング熱感染者数は同11.2%増の12万836人だった。

病原媒介生物による疾患担当局のローズ・ナニ医師によれば、デング熱感染者の増加は世界的傾向で、世界保健機関(WHO)の統計でもそれが示されている。

国内でデング熱感染例が多い地域は145カ所で、州別で最も多いのはセランゴール州の107カ所。ジョホール州は23カ所、ペラ州は9カ所、ペナンは3カ所。

関連カテゴリ: 社会・生活, 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。