ホーム > 社会・生活 > デング熱の感染が拡大、高温乾燥気候でリスク増

デング熱の感染が拡大、高温乾燥気候でリスク増

2016年01月13日 16:36 JST配信

【ペタリンジャヤ】 全国でデング熱の感染件数の増加が報告されている。1月3から9日までに全国で3,337件のデング熱感染が報告されており、トレンガヌ州では12歳の少女を含めて既に今年に入りデング感染者3人の死亡が報告されている。

昨年通年の、1週間当たりのデング熱感染件数は平均2,300件であったが今年は更に速いペースで感染が増えていることになる。昨年12月の最終週には、2,511件のデング感染が報告され、うち4件の死亡が確認された。ケダ州とラブアンをのぞく13州で、デング熱の感染数が増加している。

昨年通年では12万836件のデング熱感染が報告された。前年比11.2%の増加となった。

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。