ホーム > 社会・生活, 日本関係 > コタキナバル市がJICAと覚書、ごみ管理システムを改善

コタキナバル市がJICAと覚書、ごみ管理システムを改善

2016年01月14日 12:32 JST配信

【コタキナバル】サバ州コタキナバル市は12日、国際協力機構(JICA)と覚書を交わした。ごみ管理システムの改善で日本から技術支援を受ける。

調印式でアビディン・マディンキル市長は「市では家庭ごみが増加している。ごみの効果的な分別収集方式を学びたい」と語った。ごみ問題と交通渋滞はコタキナバル市が直面する重大問題。

実際の事業に当たるのは一般社団法人「あきた地球環境会議(CEEA)」で、秋田市のごみ分別収集の経験、ノウハウを活用し、2018年12月まで3年間、ごみ管理システムの改善を推進する。

関連カテゴリ: 社会・生活, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。