ホーム > 経済 > IHHヘルスケア、ミャンマーで病院を開設

IHHヘルスケア、ミャンマーで病院を開設

2016年01月27日 16:22 JST配信

【クアラルンプール】 IHHヘルスケアは完全子会社のパークウェイ・ヘルスケア・インドチャイナを通じてミャンマーのヤンゴンにおいて病床数250床の病院「パークウェイ・ヤンゴン」を開設すると発表した。25日、建設予定地で鍬入れ式が行われた。投資額は7,000万米ドル(2,980万リンギ)2020年の開院を予定している。

パークウェイ・パンタイがミャンマーで開設した初の病院となる。面積は1.74ヘクタールで土地は50年間リースされる予定で、10年間の延期オプションが2度ついている。

プロジェクトは、合弁会社アンダマン・アライアンス・ヘルスケア(AAHL)が手掛ける。AAHにはパークウェイ・ヘルスケア・インドチャイナが52%、シンガポール系マコンドレー・ホールディングスが10.5%、ミャンマーのAMMKメディケアが21.5%、ミャンマーのグローバル・スターが16%を出資している。

IHHヘルスケアは、中国の成都においても350床のパークウェイ・ヘルス成都病院の設立を予定している。既存の医療ハブ内に設立されるもので、最新の医療設備を備えた医療施設として来年下期にオープンを予定している。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。