ホーム > 経済, 日本関係 > エアウォーター、テーラーワートン(M)の全株式取得へ

エアウォーター、テーラーワートン(M)の全株式取得へ

2016年02月20日 06:26 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 エア・ウォーター(本社・大阪)は、産業ガス低温機器メーカーであるテーラー・ワートン・マレーシアの全株式を取得すると発表した。

テーラー・ワートン・マレーシアは、米テーラー・ワートン・インターナショナルの子会社、マレーシアにおいて、低温液化ガス貯槽、小型バルク容器、超低温容器の製造・販売を行っている。

エア・ウォーターは、今回の株式取得によりテーラー・ワートン・マレーシアを子会社化することで、競争力のある海外制作拠点を確立するとともに、低温機器事業の拡大、さらにはエア・ウォーターの極低温技術とテーラー・ワートン・マレーシアの制作技術の融合により、東南アジアや北米向けの液化天然ガス(LNG)サプライチェーンに関わる機器事業の確立を目指す方針だ。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。