ホーム > 日本関係, 統計・調査, 観光・イベント > マレーシア人訪日者数、1月は60%増加

マレーシア人訪日者数、1月は60%増加

2016年02月21日 12:32 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日本政府観光局(JNTO)が発表した1月単月の訪日者数統計によると、マレーシアからの訪日者数は前年同期比60.8%プラスの1万9,800人となった。1月として過去最高を記録した。

JNTOによると、1月は学校休暇と旧正月休暇の狭間で閑散期になるが、旅行博「MATTAフェア」(昨年9月)での販促活動や、エアアジアXのセールスプロモーションなどが奏功し、訪日需要は好調であった。観光庁の宿泊旅行統計によると、エアアジアXの新千歳線が就航した昨年10月以降、北海道に宿泊したマレーシア人は10月、11月共に前年同月比で2倍以上の伸びを示しており、JNTOはこの勢いが1月の訪日需要にも影響を及ぼしたと考えられると指摘した。

世界全体の1月の訪日者数は、前年比52.0%増加の185万1,800人となった。前年1月の121万8393人を63万人以上上回り、1月として過去最高を記録した。

 

関連カテゴリ: 日本関係, 統計・調査, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。