ホーム > 社会・生活 > KLIAエクスプレス、3月より運行本数増便

KLIAエクスプレス、3月より運行本数増便

2016年02月29日 06:11 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】クアラルンプール中心部のクアラルンプール・セントラル駅とクアラルンプール国際空港(KLIA)、第2国際空港(KLIA2)を結ぶ高速鉄道を運営しているエクスプレス・レール・リンク(ERL)は、3月1日よりKLIAエクスプレスを増便すると発表した。

月曜日から金曜日までの朝(6-9時)と夕方(16-22時)のピーク時には15分間隔で運行する。月曜日から金曜日までのオフピーク時(5-6時、9-16時、22-0時)には20分間隔で運行する。それ以外の深夜は30分間隔での運行となる。

所要時間はKLからKLIAまでは28分、KLからKLIA2までが33分となっている。

KLIAトランジットは、ピーク時が20分、オフピーク時は30分間隔で運行する。

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。