ホーム > 政治・外交 > 与党UMNO、ムヒディン副総裁の職務停止

与党UMNO、ムヒディン副総裁の職務停止

2016年03月01日 06:01 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】与党・統一マレー国民組織(UMNO)は2月26日に開いた最高評議会で、前副首相のムヒディン・ヤシン副総裁の職務停止を全会一致で決定した。停止期間は2018年中ごろまでに実施される次期総選挙まで。

ムヒディン氏は昨年、国営投資ファンドのワン・マレーシア・デベロップメント(1MDB)疑惑にからみナジブ首相に批判的な発言を行ったことを理由に、副首相を解任されていた。テンク・アドナンUMNO書記長は「ムヒディン氏は党ナンバー2として、ナジブ氏を支えるべきだった」と停職の理由を説明した。副首相のアマハド・ザヒド氏が副総裁代理を務める。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。