ホーム > 経済 > マリンド航空、メインターミナルで営業開始

マリンド航空、メインターミナルで営業開始

2016年03月16日 16:56 JST配信

【クアラルンプール】格安航空のマリンド・エアは15日付で、営業拠点をクアラルンプール国際空港第2ターミナル(KLIA2)から、メインターミナルに移転した。

小型のATR72 600型ターボプロップ機を使った、スバンのスルタン・アブドル・アジズ・シャー空港発着便はこれまでどおり。

移転についてチャンドラン・ラマ・ムティー最高経営責任者 (CEO) は、提携航空会社との共同運航、乗り継ぎを便利にするためと語った。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。