ホーム > 社会・生活, 観光・イベント > ジョホール動物園、イスカンダルプテリへの移転決定

ジョホール動物園、イスカンダルプテリへの移転決定

2016年04月04日 17:22 JST配信

【ジョホールバル】 1928年に設立された伝統あるジョホール動物園が、現在のジャラン・ゲルタク・メラーから20キロメートル離れたイスカンダル・プテリ(旧称ヌサジャヤ)に移転することが正式に決まった。野生動物公立公園局が新動物園の建設プラン策定に参加するという。

アブドル・ラティフ州自治体住宅委員会議長によると、新たな立地はシンガポールを結ぶ第2リンク高速道路沿いのペルリン料金所の近くの20.23ヘクタールの土地。移転のために州政府に5,300万リンギの予算を要求しており、すでに準備予算として100万リンギの交付を受けている。園内が広くなるのに伴って動物を増やしたり、触れあい動物園、野外シアター、飲食店などの設備を整える。

移転予定日は明らかされなかったが、新動物園が完成する間に150万リンギを投じて既存動物園の設備刷新を図る。

(ザ・スター、3月26日)

関連カテゴリ: 社会・生活, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。