ホーム > 経済 > 経済成長率予想、MIERが4.2%に下方修正

経済成長率予想、MIERが4.2%に下方修正

2016年04月23日 07:57 JST配信

【クアラルンプール】独立シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)は、今年の国内総生産(GDP)増加率予想を、当初の4.7%から4.2%に下方修正した。

ザカリア専務理事は「今年も貿易は黒字だが、輸出額が少ない。マレーシアの主要貿易相手国である中国経済の減速もマイナス要因だ」と語った。

原油価格の下落を受け政府は原油価格を1バレル30米ドルと想定し予算を修正した。

予算赤字目標はGDP比で3.1%だが、ザカリア氏は「原油価格は上昇しており、3.1%の達成は可能で、さらに少ない赤字も予想される」と述べた。ザカリア氏は今年の原油価格を35-45米ドルと予想している。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。