ホーム > 統計・調査, 観光・イベント > ベストアイランド、ランカウイ島が8位に上昇

ベストアイランド、ランカウイ島が8位に上昇

2016年05月02日 06:35 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 旅行情報サイト「トリップアドバイザー」は2016年度の「ベストアイランド」を発表。「アジアのベストアイランド」でケダ州のランカウイ島が8位となり、前年の10位からランクアップしたことがわかった。

アジアでトップとなったのはインドネシアのバリ島だった。2位から4位はタイのプーケット島、コサムイ島、タオ島となった。5位はインドネシアのロンボク島だった。

世界でトップとなったのは、米国ハワイのマウイ島だった。2位がギリシャのサントリーニ島、3位がジャマイカのジャマイカ島、4位がタークス・カイコス諸島のポリビデンシアレス島、5位がバリ島だった。

関連カテゴリ: 統計・調査, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。