ホーム > 統計・調査 > マレーシアの働き手は外向き志向=ランスタッド調査

マレーシアの働き手は外向き志向=ランスタッド調査

2016年05月03日 13:06 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 人材サービスのランスタッド・ホールディングスは12日、最新の調査「ランスタッド・ワークモニター」の結果を発表した。

マレーシアの働き手は世界と比べ海外への出張や、異文化の集う職場で働くことに積極的であることがわかった。

調査によると、マレーシアにおける「海外出張の機会がある仕事に就きたい」と回答した割合は70%を超え、世界平均の57%を大きく上回ったことがわかった。調査対象の34カ国・地域中9番目に高かった。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。