ホーム > 経済, 政治・外交 > 最低賃金引き上げは延期するべき=製造業連盟

最低賃金引き上げは延期するべき=製造業連盟

2016年05月03日 20:31 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア製造業者連盟(MEF)は、7月1日付けでの最低賃金引き上げに関して、延期すべきと表明した。

シャムスディン・バルダン専務理事は、職階が低い労働者を中心にして3万人余りの労働者が解雇される恐れがあると指摘。事業コストの増加を食い止めるため7月を前に雇用主が解雇を行う動きが出るとの考えを示した。

シャムスディン専務理事は、石油・ガスや銀行、金融、保険、小売産業などでリストラが起こる可能性が高いと指摘。ハイパーマーケットは売り上げが大幅に減少しており、自主退職を通じた人員削減を行う企業も出ていると明らかにした。

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。