ホーム > 経済, 政治・外交 > 4セクターで外国人雇用凍結解除へ、労働力不足受け

4セクターで外国人雇用凍結解除へ、労働力不足受け

2016年05月12日 20:24 JST配信

【クアラルンプール】 連邦政府は、外国人労働者を必要とする4のセクターにおいて外国人労働者の雇用凍結を解除すると発表した。解除の対象となるのは建設、家具製造、製造、農園セクター。

6月以降、労働力が不足していることや、外国人の代わりにマレーシア人を雇用することができないとする証明を提出したうえで、外国人の新規雇用が可能になる。

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。