ホーム > 経済, 観光・イベント > ランカウイ島、7月から宿泊税を導入

ランカウイ島、7月から宿泊税を導入

2016年06月21日 20:38 JST配信

【クア(ケダ州)】 ケダ州のランカウイ島観光委員会は、同島に滞在する観光客に課金する宿泊税を7月1日から導入すると発表した。宿泊税は日額1-9リンギで、滞在するホテルのランクにより決められる。

 

1ー2つ星ホテルに滞在する観光客には1泊当たり1リンギ、3ー4つ星では3リンギ、5つ星では5リンギ、6つ星では7リンギ、7つ星では9リンギが課金される。

関連カテゴリ: 経済, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。