ホーム > 経済, 日本関係 > JBIC、エアウォーターのマレーシア企業買収に融資

JBIC、エアウォーターのマレーシア企業買収に融資

2016年07月15日 16:55 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 国際協力銀行(JBIC)は12日、「海外展開支援融資ファシリティ」の一環として、エア・ウォーターとの間で、マレーシア法人テイラー・ウォートン・マレーシア(TWM)を買収するために必要な資金の一部を融資する貸付契約を締結したと発表した。

JBICによると、本融資はエア・ウォーターの海外事業展開を支援するもの。日本企業による海外での合併・吸収(M&A)に必要な長期資金を供給することで、日本企業の海外における事業拡大や新たな事業展開を支援し、日本の産業の国際競争力の維持及び向上に貢献するとしている。

TWMは、アメリカ合衆国の大手産業ガス関連機器メーカーのテイラー・ウォートン・インターナショナルのマレーシア現地法人として設立された。同社は低温液化ガス貯槽・容器や低温液化ガスシリンダー等の低温機器の製造・販売事業を行っており、特に北米やアジア地域に広範な顧客基盤を有している。

エア・ウォーターは、買収を通じ、TWMの有する低温機器の製造拠点や新たな顧客基盤を獲得し、産業ガス関連分野での一層の事業拡大を計画している。

JBICは今後も、日本の公的金融機関として、民間金融機関と連携しつつ、日本企業による海外M&Aを支援していく方針だ。

 

 

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。