ホーム > 社会・生活, 統計・調査 > 低所得層の借入金は年収の7倍、カザナリサーチ調査

低所得層の借入金は年収の7倍、カザナリサーチ調査

2016年09月03日 19:41 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 カザナ・リサーチ・インスティチュート(KRI)が発表した調査「家庭の状況調査シリーズ2」によると、低所得層は年収の約7倍を借り入れており、返済能力に問題があることが分かった。 中央銀行の統計によると、月収が3,000リンギ以下の世帯が抱える負債の、家計負債全体に占める割合は22.6%と低いが、平均して年収の7倍を借り入れている。所得が多い世帯は年収の3倍を借り入れている。 都市に居住する低所得世帯では、失業、死亡・けが、離婚、金利変動などの要因に返済能力が左右されない世帯はわずか10.8%だった。 年金制度である従業員積立基金(EPF)の積立残高でも格差は顕著だ。今年2月時点で、積立残高で上位0.3%(2万867人)の加入者の積立残高合計は、下位47%の会員(311万7,610人)の残高合計を上回った。 2014年の時点で、定年を控えた51ー55歳のEPF加入者の平均積立残高は約16万リンギだった。しかし5人に1人は残高が1万リンギ以下だった。 世帯の貯蓄は2013年の統計で、可処分所得の1.4%と低かった。

関連カテゴリ: 社会・生活, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。