ホーム > 経済, 日本関係 > 三井物産、IHHヘルスケア株の一部を売却

三井物産、IHHヘルスケア株の一部を売却

2016年09月29日 07:21 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 三井物産(本社・東京都千代田区)は27日、保有していたマレーシアのIHHヘルスケアの株式1億6,460万株を同日付けで売却したと発表した。

英国子会社のMBKヘルスケア・パートナーズが保有していたもので、MBKのIHHへの出資比率は20.1%から18.1%に低下する。

三井物産は2011年にマレーシア政府系投資会社、カザナ・ナショナルからIHHの前身、インテグレイテッド・ヘルスケア・ホールディング株30%を買収。IHHが2012年に上場した時点では、筆頭株主はカザナ・ナショナルで、三井物産が第2位、従業員積立基金(EPF)が第3位だった。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。