ホーム > 社会・生活 > 「ペンパイナッポー・」マレーシアでも人気に

「ペンパイナッポー・」マレーシアでも人気に

2016年10月05日 20:12 JST配信

【クアラルンプール=マレーシア BIZナビ】 日本人 芸人によるコミカルな音楽動画「ペン・パイナッポー・ アッポー・ペン(PPAP)」の人気がマレーシアでも高まっ ている。

ピコ太郎が8月末に公開したパフォーマンスで、踊りながら両手にもったリンゴとペン、パイナップルとペンを合体させて 「アッポー・ペン」「パイナッポー・ペン」と歌い、それらをまたさらに合体させて「ペン・パイナッポー・アッポー・ペン」と歌うというシンプルなもの。 関係のないペンと果物を合体させる一発ギャクのような無意味なシンプルさと 独特のリズムが世界的に人気を集め、人 気アーティスト、ジャスティン・ビー バーも絶賛したという。第2の「江南ス タイル」とも評され、公式チャンネルの 視聴回数は1,770万回を突破している。

マレーシアでもこれを真似たりパロディ化した動画を発表する者が相次いで いる。 

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。