ホーム > 三面・事件, 日本関係 > 大戦時の日本の沈没船、ロンピン沖で発見

大戦時の日本の沈没船、ロンピン沖で発見

2016年10月06日 16:18 JST配信

【クアンタン】 パハン州ロンピン沖にあるプラウ・ベルハラ周辺で9月28日、ダイバーのグループが太平洋戦争中に沈没した油槽船「暁心丸」とみられる船体を発見した。

グループはタツノオトシゴとナマコのリサーチのために潜っていたもので、二つに分断された船体は40メートルほど離れた、それぞれ深度21メートル、深度23メートルの浅い場所で見つかったという。

最初に発見したファズリー・エルワン・カマルディンさん(29)は船体附近で砲弾や日本酒の瓶を発見し、調査のために持ち帰ったという。

「暁心丸」は戦時中の1944年に日立造船桜島工場(大阪)で建造され、同年12月19日、時化のために北緯3度14分、東経103度40分の地点で座礁。船体が分断されて沈没した。ベトナム・サイゴン(現ホーチミン)外港からシンガポールに向っていたもので、兵員を含む乗組員44人が行方不明となり、13人がエンダウ附近に漂着した。

 

(ベルナマ通信、10月4日)

関連カテゴリ: 三面・事件, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。