ホーム > 経済, 日本関係 > 関西ペイント、マレーシアの塗料会社を買収

関西ペイント、マレーシアの塗料会社を買収

2016年10月17日 20:38 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 関西ペイント株式会社(本社・大阪市)は14日、マレーシアの塗料メーカー、サンコラ・ペイント・インダストリーズを買収すると発表した。

マレーシア子会社のカンサイ・ペイント・アジアパシフィック(KPAP)を通じて行うもので、サンコラ株100%を取得し、全額出資子会社とする。買収額については明らかにしていない。

関西ペイントは声明の中で、マレーシアを含む東南アジア諸国連合(ASEAN)市場を今後成長が期待される重点市場だと指摘。サンコラ買収により両社ブランドや製品群のほか販売網を相互に補完することができるとした上で、事業競争力をいっそう高めることで更なる事業拡大を図るとしている。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。