ホーム > 経済, 日本関係 > 文秀ホンダ、新型スクーター「BeAT」を発表

文秀ホンダ、新型スクーター「BeAT」を発表

2016年11月25日 07:44 JST配信

【クアラルンプール】 ホンダ製二輪車の販売代理店、文秀ホンダは23日、新型スクーター「BeAT」を発表した。マレーシアで初めて低燃費自動車(EEV)の認証を受けた。

排気量108.2ccの4ストロークOHCエンジンを搭載し、最高出力は8.77PS/7,500rpmを発揮する。

価格は物品・サービス税(GST)で5,565リンギ。ボディカラーは5色を用意した。2年もしくは走行距離2万キロメートルまで保証がつく。二輪車のアンチロックシステムのCBSを搭載している。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。