ホーム > 三面・事件 > IS参加のマレーシア人50人、帰国を希望=警察長官

IS参加のマレーシア人50人、帰国を希望=警察長官

2016年11月28日 07:34 JST配信

【クアラルンプール】 過激派組織、イスラム国(IS)に参加したマレーシア人のうち少なくとも50人がマレーシアへの帰国を希望していると表明した件に関し、カリド・アブ・バカル警察長官は、マレーシア当局は帰国を支援するが帰国後は法を犯した対象者には適切な法的措置を取ると述べた。

長官によると、現在は約60人のマレーシア人が、ISに参加し海外にいると見られている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。