ホーム > 三面・事件 > また魚が口の中に飛び込む事故、今度はサラワク州で

また魚が口の中に飛び込む事故、今度はサラワク州で

2012年05月23日 18:13 JST配信

【クチン】 魚が口の中に飛び込んで取れなくなる事故が、今度はサラワク州で起きた。
バタン・アイ付近に住むフィリップ君(12)は20日、体長4センチほどのキノボリウオを釣った。殺すために頭を咬もうとしたところ、魚がフィリップ君の口の中に飛び込んでノド奥まで入っていき、取れなくなったという。
父親がフィリップ君を診療所に連れていったが、埒があかないため40キロメートル離れたクチンの病院まで搬送し、およそ14時間後にようやく魚を取り出すことができたという。

星洲日報、ザ・スター、5月22日

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。