ホーム > 三面・事件 > 非ハラル・ケーキの持ち込み禁止で波紋

非ハラル・ケーキの持ち込み禁止で波紋

2017年01月05日 15:53 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZ ナビ】 【クアラルンプール=マレーシアBIZ ナビ】 マレーシアのマクドナルドがこのほど、「バースデー・ケーキの持ち込みはハラ ル(イスラムの戒律に則った)認証を取得したものに限る」との告知を出し、波紋が広 がっている。

外部からの飲食物持ち込み禁止からバースデー・ケーキだけを例外としてきたマクド ナルドは、「店が取得しているハラル認証を今後も維持するため」と持ち込みケーキの ハラル規制に踏みきった理由を説明。宗教によっ て顧客を差別する意図はなかったと釈明した。

非ムスリムの利用者からは「マック・アラブに なってしまった」「もう食べに行かない」といっ た嘆きの声が上がっているほか、リベラル派から は「ハラル規制を持ち込み食品にまで適用すべき ではない」と当局を批判する声も上がっている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。