ホーム > 経済, 日本関係 > UMWトヨタ、「フォーチュナー」を値下げ

UMWトヨタ、「フォーチュナー」を値下げ

2017年01月11日 15:53 JST配信

【シャアラム=マレーシアBIZナビ】 UMWトヨタは9日、スポーツ多目的車(SUV)「フォーチュナー」がマレーシア政府から低燃費自動車(EEV)の認定を受けたことを受け、価格を引き下げると発表した。

新価格(半島部)は排気量2.7リットル・ガソリンエンジン搭載の「2.7SRZ 4X4」が18万3,800リンギ、排気量2.4リットルのターボディーゼルエンジン搭載の「2.4VRZ 4X4」が17万5,400リンギ。

UMWトヨタは「EEV認定を受けたのは4X4SUVとしては国内初。トヨタ・ブランドではカムリ、ヴィオス、イノーバに続く4車種目となる」としている。

現行「フォーチュナー」は2016年5月に発売したもので、価格は18万6,900―19万9,900リンギとなっていた。走行距離無制限で5年間保証がついている。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。