ホーム > 文化・芸能, 日本関係 > カドカワアカデミー、KDU大学とマンガコース開発

カドカワアカデミー、KDU大学とマンガコース開発

2017年03月19日 12:42 JST配信

【クアラルンプール】 カドカワ・コンテンツ・アカデミー(KCA、本社・東京都千代田区)は15日、マレーシアの私立KDU大学との間で、マンガコース共同開発に関する契約を今月9日に取り交わしたことを明らかにした。

プロのシークエンシャル・アーティスト(日本語のマンガ作家に相当)を育成する「シークエンシャル・アート・コース」を、2018年初めをメドにコンピューティング&クリエイティブ・メディア学部内に開講する。授業時間は2年間で約1,000時間。マンガの描き方だけではなく、基礎となるデッサンや遠近法、透視図、ストーリーの構築方法、魅力あるキャラクター作りのポイントなど、マンガ制作で必要となるノウハウの全般を学ぶことが出来るという。

関連カテゴリ: 文化・芸能, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。