ホーム > 統計・調査 > 観光競争力、マレーシアは26位=世界経済フォーラム

観光競争力、マレーシアは26位=世界経済フォーラム

2017年04月12日 15:01 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】   世界経済フォーラム(WEF)が発表した「旅行・観光競争力レポート2017」で、マレーシアの観光競争力が136カ国・地域中26位となった。東南アジア諸国連合(ASEAN)では2位だった。2015年の前回調査では141カ国・地域中25位、ASEANでは2位だった。

同調査は、ビジネス環境や旅行・観光の規制の枠組み、インフラ、自然や文化資源に関して14項目を評価したもの。

1位はスペインで、2位以下は▽フランス▽ドイツ▽日本▽英国▽米国▽豪州▽イタリア▽カナダ▽スイスーーとなった。最下位はイエメンだった。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。