ホーム > 政治・外交 > 与党連合、次期総選挙の準備組織を立ち上げ

与党連合、次期総選挙の準備組織を立ち上げ

2017年04月18日 15:40 JST配信

【クアラルンプール】 与党連合・国民戦線(BN)は14日、次期総選挙に向けたネットワーク準備組織「ジャリナン・ラクヤット・プラス(JRプラス)」を立ち上げた。

同組織は与党第一党・統一マレー国民組織(UMNO)婦人部が2009年に開始した「JR」を拡大したもの。UMNO婦人部の25万人とUMNO青年部6万人に加え、UMNOプテリ(若い女性の部会)、他のBN構成党、BN支援の非政府組織(NGO)が協力する。

発表式にはナジブ ラザク首相(BN総裁)、アハマド・ザヒド副首相(BN副総裁)、ヒシャムディン・フセイン国防相(UMNO総裁補)、シャリザ・アブドル・アジズUMNO婦人部長らが出席。ナジブ首相は「次期総選挙の前倒し実施が噂されているが、BNはすでに準備が整っている」と言明した。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。