ホーム > 経済, 日本関係 > ホンダマレーシア、テブラウに新4Sセンター開設

ホンダマレーシア、テブラウに新4Sセンター開設

2017年04月24日 20:45 JST配信

【ジョホールバル=マレーシアBIZナビ】 ホンダ・マレーシアは21日、ジョホール州テブラウに国内最大の4S(販売、サービス、部品交換、板金塗装)センターを開設したと発表した。

ホンダ・マレーシアの最大のディーラーであるカー・モーター・カンパニーが4,000万リンギをかけて建設したもので、建築面積は14万2,389平方フィート。37基のサービス・ベイを持ち、年間3万6,000台のサービシングが可能だという。

▽ジョホール▽マラッカ▽ネグリ・センビラン――の半島南部3州の昨年の販売はホンダ・マレーシア販売全体の20%を占めており、ジョホール州はその70%占めている。昨年のジョホール州のサービシング取扱台数は12万8,000台で、前年比15%増加した。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。