ホーム > 三面・事件 > 日没礼拝時の営業休止、クランタン州が非回教徒にも適用へ

日没礼拝時の営業休止、クランタン州が非回教徒にも適用へ

2017年04月27日 07:39 JST配信

【コタバル】 イスラム原理主義政党、汎マレーシア・ イスラム党(PAS)が政権を握るクランタン州政府は、日 没の礼拝(マグリブ)時間帯で義務づけられている商業 活動休止を非ムスリムにも適用すると発表。非ムスリム の間で波紋が広がっている。

アザーン(礼拝を呼びかけるアナウンス)が鳴ってい る間だけ業務を止めることを求めるもので、同州地方自治住宅スポーツ委員会のアブ

ドル・ファター・マハムード議長は、「長い時間休む必要はない。たった10分程度だ」 と言明。非ムスリムにとっても短時間休めるメリットがあるとの考えを示し、外国人を含む訪問者も政策を支持していると強調した。 こうした規制は現在、公営夜市だけで行われている。 

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。