ホーム > 経済, 政治・外交 > マレーシアナジブ首相=TPPへの近い将来の加盟望む

マレーシアナジブ首相=TPPへの近い将来の加盟望む

2012年05月31日 18:52 JST配信

【クアラルンプール】 ナジブ・ラザク首相は29日、マレーシアが交渉参加を表明している環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、交渉は困難を極めると予想されるが、加盟することを望んでいるとの見解を示した。
ナジブ首相は、ダラスで開かれた団体会合では交渉に進歩があったとの報告を受けたとコメント。近い将来にTPP加盟に向けた協議を終えることを望むと述べた。また、米国は東南アジア諸国連合(ASEAN)を貿易相手とすることで恩恵を受けるとした。
4月にマレーシアを訪問したロン・カーク米国通商代表は、米国政府はマレーシア側との間でTPPへのマレーシア参加を目指すために協力を続けるとコメントしている。

ニュー・ストレーツ・タイムズ、5月30日

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。