ホーム > 社会・生活 > 個人タクシー配車アプリ、イージーキャブがサービス開始

個人タクシー配車アプリ、イージーキャブがサービス開始

2017年07月19日 16:56 JST配信

【クアラルンプール】 配車アプリの台頭でタクシー業界には厳しい状況が続いているが、個人タクシーの配車アプリ、イージーキャブ(EzCab)がサービスを開始した。同アプリにより、ウーバーやグラブなどの配車アプリに既存の個人タクシーが対抗するためのプラットフォームができた形となる。

EzCabは首都圏クランバレーやネグリ・センビラン州セレンバン、ジョホール・バル、サバで利用することができる。ペナンとマラッカでも今後利用が可能になる見込みだ。

関連カテゴリ: 社会・生活

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。