ホーム > 経済 > サラワク州全額出資の石油ガス会社「ペトロス」設立

サラワク州全額出資の石油ガス会社「ペトロス」設立

2017年08月09日 07:39 JST配信

【クチン】 サラワク州のアバン・ジョハリ首相は7日、同州政府による全額出資石油ガス会社「ペトロス」の設立を正式発表した。経営陣はすべてサラワク州地元出身の石油ガス業界に属する専門家から選出され、政治家は一人も含まれていないという。

州政府系の石油ガス会社設立は、これまで外資や国営石油会社、ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)が行っていた石油ガス採掘事業に州政府として積極的に関与するためのもの。同州政府は現在、ペトロナスに20%のロイヤルティを要求している。

一方、今年4月に中央銀行バンク・ネガラより認可を受けたサラワク開発銀行(DBOS)について、最高経営責任者(CEO)を指名したことを明らかにした。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。