ホーム > 三面・事件 > ポロの試合に青年相が出場、ジョホール州スルタンが批判

ポロの試合に青年相が出場、ジョホール州スルタンが批判

2017年09月03日 07:22 JST配信

【ジョホールバル=マレーシア BIZ ナビ】 クア ラルンプール(KL)で開催中の第29回東南アジア競 技大会(SEAゲーム)のポロの試合でマレーシアがブルネイ、シンガポールに連勝したが、この試合にカイリー・ジャマルディン青年スポー ツ相が選手として出場。これにジョホール州スルタンが噛み付いている。マレーシア はブルネイ戦は 12 対3、シンガポール戦は 13 対 2 で圧勝した。

自身もポロの選手だったイブラヒム殿下は、勝利が確実になった時点でカイリー氏 がある選手にわざと負傷したようにみせるように指示し、自分が代わりに出場するよ うに仕向けたと主張。「カイリー氏が勝利に貢献したようにみせかけ、信頼できるリー ダーのように思わせる国民を欺くプロパガ ンダを広めた」と批判した。その上でカイ リー氏が率いる代表チームの強さに疑問が あるとして、スルタンの長男・次男を加え たジョホール州チームの対戦を希望した。 

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。