ホーム > 経済, 日本関係 > 三菱自マレーシア、新型「アウトランダー2.0」発表

三菱自マレーシア、新型「アウトランダー2.0」発表

2017年09月13日 20:11 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 三菱モータース・マレーシアは13日、現地組立(CKD)の中型スポーツ車(SUV)、「アウトランダー2.0」を発表。メディアを招いて初出荷を記念する式典(オフライン式)を開催した。

「アウトランダー2.0」は「ASX」と同じ排気量2.0リットルのガソリンエンジンを搭載。出力145hp、最大トルク196Nmを発揮する。日本製完成車(CBU)である既存の2.4リットル・エンジン搭載モデルの1リットル当たりの燃費13.0キロメートルを上回る13.7キロメートルを達成した。当面は国内向けとする予定で、部品の国内調達率50%を目指す。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。