ホーム > 統計・調査 > 人的資源ランキング、マレーシアは33位に上昇

人的資源ランキング、マレーシアは33位に上昇

2017年09月27日 07:07 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】   世界経済フォーラム(WEF)が発表した「2017年人的資源報告書」によると、マレーシアは130カ国・地域中33位となり、昨年の42位から大幅にランクアップした。東南アジアでは2位となった。

人的資本指数は、130カ国における人材育成、人材の能力開発を評価し指数化したもの。

トップはノルウェー、2位がフィンランド、3位がスイスだった。日本は17位にランクされた。最下位はイエメンだった。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。