ホーム > 経済, 日本関係 > 小糸製作所、マレーシアに子会社と製造工場設立へ

小糸製作所、マレーシアに子会社と製造工場設立へ

2017年10月02日 20:20 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 自動車用照明部品製造の小糸製作所(本社・東京都港区)は9月28日、マレーシアに子会社を設立することを決定したと発表した。50億円を投資して自動車用前照灯や標識灯の製造工場を設立する。

 同社が発表した声明によると、子会社名はコイト・マレーシアで、ネグリ・センビラン州のセンダヤン工業団地に今年10月内に設立する。自動車用照明機器の製造・販売を行う。資本金は約15億円で、工場建設や設備導入の進捗により増資も予定している。

 製造工場の用地面積は6万700平方メートル。2019年12月の生産開始を見込んでおり、2021年末までに従業員数を250人体制にし、前照灯と標識灯の採算能力をそれぞれ25万台とする。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。