ホーム > 観光・イベント > 損保ジャパン、「CIMBクラシック」を協賛

損保ジャパン、「CIMBクラシック」を協賛

2017年10月04日 17:29 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 損保ジャパン日本興亜ホールディングス(本社・東京都新宿区)は4日、クアラルンプール(KL)で10月12—15日の日程で開催される米PGAツアーゴルフトーナメント「CIMBクラシック2017」に協賛すると発表した。

シンガポール子会社であるソンポ・ホールディングス(アジア)を通じて行なうもので、昨年に続いて2度目の協賛となる。会場にはエキシビジョン・ブースを設けて来場者にアクティビティを楽しんでもらうことにしている。

「CIMBクラシック」は2010年から開催されており、TPC(トーナメント・プレーヤーズ・クラブ)クアラルンプール(旧称KLGCC)では2013年から開催されている。今年の賞金総額は700万米ドル。今回は世界ランキング3位の松山英樹選手が参戦することが決まっている。

関連カテゴリ: 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。