ホーム > 政治・外交 > 野党・民主行動党、11月12日に二度目のやり直し選挙

野党・民主行動党、11月12日に二度目のやり直し選挙

2017年10月10日 20:07 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 野党・民主行動党(DAP)は、中央幹部評議会(CEC)議員の二度目のやり直し選挙を11月12日にセランゴール州シャアラムのアイデアル・コンベンション・センター(IDCC)で開催すると発表した。

 団体登録局(RoS)の要求を受けたもの。リム・グアンエン書記長(ペナン州首相)は、9月21日付けでRoSから出された条件に従うと述べた上で、実施されてから4年も経ってからやり直しを求めるRoSを「異常」と表現。「私たちには隠すことは何もなく、RoSの指示に従って別の再選をすることを恐れることはない」と述べた。

 最初の役員選挙が行なわれた2012年時点で選挙権を有していた2,576人の党員に、離党者や死亡者を除いてやり直し選挙の通知書を出す。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。