ホーム > 経済, 日本関係, 統計・調査 > 日系企業の景況感、3年ぶりにプラスに=JACTIM調査

日系企業の景況感、3年ぶりにプラスに=JACTIM調査

2017年11月02日 07:12 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア日本人商工会議所(JACTIM)は1日、会員企業を対象とした2017年下期の景気動向調査を発表。前期マイナス8.8ポイントだった景況DIはプラス2.1ポイントとなり、3年ぶりにプラスに転じた。

 同調査は2017年8月2日から9月22日にかけて法人会員企業(日系企業)546社に質問、192社から回答を得た。セクター別では製造業がプラス4.5ポイントだったのに対して、非製造業がマイナス3.5ポイントにとどまった。電気・電子がプラス10.7ポイントと好調だった。

 地域別では、ジョホール州がマイナス26.7ポイントとなり景況感が「良い」を「悪い」が

大幅に上回った。人手不足が影響しているとみられる。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。