ホーム > 政治・外交 > 与党連合がマニフェスト発表、最低賃金を1500リンギに

与党連合がマニフェスト発表、最低賃金を1500リンギに

2018年04月10日 06:42 JST配信

【クアラルンプール】 先ごろ下院議会の解散を発表したナジブ・ラザク首相は7日、総選挙に向けて与党連合・国民戦線(BN)のマニフェスト(選挙公約)を発表した。

 マニフェストのテーマは「国民戦線と共に我が国を素晴らしく」で、最低賃金の引き上げや税制の見直し、雇用の創出など364項目から成る、国民生活から経済政策まで多岐にわたる公約となった。特に国民からの懸念が多い生活費の上昇の対応策が32項目盛り込まれた上、低価格住宅の供給も盛り込まれ、経済の成長を維持しつつ国民の生活を考慮した内容となった。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。