ホーム > 政治・外交 > 野党連合、人民正義党の旗印の下で臨戦

野党連合、人民正義党の旗印の下で臨戦

2018年04月09日 20:51 JST配信

【パシル・グダン=マレーシアBIZナビ】 野党連合・希望同盟(PH)は6日、近く開催される次期総選挙を構成党の一つ、人民正義党(PKR)のロゴの下で団結して戦っていくことを正式発表した。

 発表会見にはマハティール•モハマドPH会長(統一プリブミ党=PPBM議長、元首相)のほか、PPBMのムヒディン•ヤシン党首(前副首相)、PKRのワン・アジザ党首、民主行動党(DAP)のリム・グアンエン書記長、国民信任党(PAN)のモハマド・サブ党首、の構成4党のトップが顔を揃えた。

 団体登録局(RoS)によるPHの団体登録作業が遅れていたことが原因で、選挙戦を前にPHの統一イメージを打ち出すためのロゴが使用できない状況となっていた。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。