ホーム > 経済, 日本関係 > オウケイウェイヴ、ブロックチェーン開発会社を設立

オウケイウェイヴ、ブロックチェーン開発会社を設立

2018年05月30日 20:05 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日本初で最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴ(本社・東京都渋谷区)は、100%子会社であるOKfinc(本社・ラブアン)を親会社とし、ブロックチェーン開発を専門とする新会社OKブロックチェーン・センターをジョホールバルに設立すると発表した。

 設立する新会社は、同社の事業推進におけるコア技術と位置づけているABCテクノロジー、「AI(人工知能)」、「ブロックチェーン」、「チャット」の中で、ここ1年間伸びを示し続けている暗号通貨市場を支えるブロックチェーン技術を軸に、銀行間送金決済、暗号通貨(仮想通貨)ウォレット、暗号通貨取引所システムといった、フィンテック領域の中核を担うブロックチェーンシステム開発を主たる事業目的とする。また付随業務として暗号通貨運用フェイズの諸業務も、パートナー企業と協力の上で行う予定だ。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。